ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【2021年4月18日レース回顧】デスティノアーラ・エングレーバー・アシェットデセール・カーディナル【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20210322033705p:plain

(レース展望担当:BNK)

 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは【2021年4月18日レース回顧】デスティノアーラ・エングレーバー・アシェットデセール・カーディナル【キャロット一口馬主】スタートです!

 

◆先週のレース回顧◆

  

◉デスティノアーラ

◉BNK厩舎

f:id:keirin100000:20210322033705p:plain

(BNK)

 

★BNKのレース回顧

日曜阪神 3R 3歳未勝利戦に出走。(1600m 芝稍重)

前走掲示板を確保した事で優先権を持ってこの一戦に臨んだ。

人気は4番人気と支持を受けた。

馬体重は+4㎏わずかながらもプラス体重でパドックでの様子は今までで一番良く見えた。

スタートは互角に出たが行き脚がつかず後方からの競馬になる。

前半1000mは59.2のハイペース。

4コーナーで前に取り付こうと上がってきたがそこで脚を使った為か直線で伸びを欠き11着で入線となった。

馬格の無いこの馬にとって道悪での競馬は向いていなかったようだ。

芝の高速馬場で見直したい。

 

 

★陣営のコメント

21/4/18  池添学厩舎

18日の阪神競馬では五分のスタートから出ムチを入れて押して行くも追走に手間取り後方を追走。3コーナー手前から徐々に進出し、直線は馬場の外目をジリジリ伸びたが11着。「今日の競馬は申し訳ありませんでした。中山競馬場に臨場のためモニターでレースを見たのですが、前半から追走に苦労していましたし、この距離は忙しかったようです。これまでのレースからもマイルまでは対応できるかと思ったのですが、1800m、2000mでゆったり走らせるのが良さそうなので、いったん放牧に出して間隔を取ってから巻き返したいと思います」(池添学師)スタートから積極的に押して行くも、前半は追走に手間取りました。枠なりに外を回らされたこともありますし、今日は厳しいレースになってしまいました。終いの脚は見劣らないので、長めの距離で改めて期待したいと思います。この後はいったん放牧に出す予定です。

 

★出走レース

3歳未勝利 2021年4月18日 阪神3R 芝1600㍍

f:id:keirin100000:20210419200813p:plain


 

◉エングレーバー

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20210416043249j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

日曜阪神 10R 4歳以上3勝クラス 心斎橋ステークスに出走。(1400m 芝稍重) 

デビューから中距離を中心に使われてきたが今回は1400mと距離を短縮して新味を出すべくレースに挑んだ。

馬体重は-6㎏だが細い感じはなく気合は良く見えた。

スタートは互角に出たが距離短縮という事もあり中団からレースを進めるが抑えきれないくらいの手応えで前を追う。

4コーナーで前との差を詰め直線で外に出すと弾けるように伸びあっという間に後続に差をつけ1着でゴール。

後続に3馬身差をつける圧勝であった。

短距離戦でのこの着差は決定的とも言えオープンに入っても楽しみだ。

 

★陣営のコメント

21/4/18  中内田厩舎

18日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は好位で進める。手応良く直線に向くと、粘り込みを図る2着馬をあっさりと交わして優勝。「道中はペースが速く、ちょうどいいポジションで運ぶことができましたし、ジョッキーも『外に出していい脚を使ってくれました』とのことで、強い内容の競馬でしたね。雨で渋った馬場も心配はしていましたが、そのあたりは具合の良さでカバーしてくれたのだと思いますし、距離短縮で適性があることが分かってホッとしました。この後についてはまずレース後の状態を見てから検討させてください。今日はありがとうございました」(中内田師)これまでのレース内容等を考慮し、今回は1400mに距離を短縮して臨みましたが、後続に3馬身差をつける完勝と、条件替わりがいい方に出ました。勝ちっぷりも良く、オープンクラスでも楽しみです。この後はトレセンで馬体を確認してから検討していきます。

 

★出走レース

心斎橋S 2021年4月18日 阪神10R 芝1400㍍

f:id:keirin100000:20210419200627p:plain



◉アシェットデセール

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20210409021123p:plain


(天然総帥)

 

★BNKのレース回顧

日曜新潟 8R 4歳以上1勝クラスに出走。(2500m ダート不良)

休み明けの前走は見どころ無く勝馬から4.2秒差の大差負け、立て直しての一戦となった。スタートは互角に出て押して中団の位置を確保。

道中は外目を折り合って追走する。

2周目の3コーナーで少し手応えが怪しくなるものの鞍上が懸命に押して少しづつ前との差を詰めにかかる。

最後までばてる事なく脚を使って何頭か交わし3着でゴールした。

ダート2500mという特殊条件だけに次走にどうつながっていくかは疑問だがまともに競馬が出来た事は大きな収穫だ。

今後しばらくはダート1800m以上が主戦場になるかと思われるがコンスタントにレースに使える事を期待したい。

 

★陣営のコメント

21/4/18  小島厩舎

18日の新潟競馬は五分のスタートを切り、促しながら中団やや前目の外を追走する。2周目の向こう正面から徐々に勢いをつけながら直線へ向くとジリジリと伸びてくるが3着。「中間の様子から動いてくれるとは思っていたものの前走の内容が良くありませんでしたから、今回のレースの走りを見られてとりあえずホッとしています。最高の結果ではないものの、手前を替えて道中しっかりと走れていましたし、3着にも来ることができましたから、前走からの変化を見ることができてよかったです。細かいところを振り返っていくと、レース前ジョッキーには“勝った時を見直してもわかるようにある程度出していってほしいし、どこかで5番手以内に付けるくらいのつもりで進めてほしい”という指示を出していたんです。あのときも結構押されて、見せムチを含めて結構促しながらでしたから、多少フワッとしてもプッシュしてもらいたかったんです。実際のところ、自分からスイスイ行くという走りではありませんでしたけれど、前を見る形で進められましたし、悪くはなかったのかなと思います。結果的に勝った馬は強かったですが、あの馬が早めに動いてくれたのも良かったようで、“”後ろから来られると一瞬だけでしたがついていくところがありました“”ということでしたね。あのまま勝ち馬にくっ付いていっていたら2着はあったかもしれませんが、ついていこうとしてすぐにフワッとしたようです。また、2着馬が外から来てまた釣られるように伸びてくれたということでしたから、現状は気持ちの部分が大きく占めているのは否めないようです。砂をかぶったりすると置かれる可能性もあるでしょうし、今は多くの面で条件が揃わないといけないのかもしれませんが、良いところを見せてくれたことは何よりです。これだけの道悪馬場のなかで長い距離をしっかりと走ったあとですから、脚元等の反動の有無をしっかりと確認して、この後について検討していきます」(小島師)長期休養明けだった前走では前半から思うように進まず大敗してしまいましたが、その後は巻き返すべくじっくりと乗り込んできました。そして、帰厩後の調教の様子から長距離戦のここへトライしたところ、上々の走りを見せてくれました。最後の脚色は少し鈍ってしまったものの、長く脚を使えていましたし、前走からの変わり身を見せてくれました。その分、反動が心配でもあるので、今後についてはレース後の状態を慎重に確認したうえで検討していきます。

 

★出走レース

4歳上1勝クラス 2021年4月18日 新潟8R ダ2500㍍

f:id:keirin100000:20210419200658p:plain



◉カーディナル

◉天然総帥・ラストバブル・おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20210409021123p:plain


(天然総帥)

f:id:keirin100000:20210409021201p:plain

 (ラストバブル)

f:id:keirin100000:20210416043249j:plain

 (おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

日曜中山 4R 3歳未勝利戦に出走。(2200m 芝重)

休み明けながら前走のレベルが高かった事もあり単勝2.4倍の1番人気に支持され出走となった。

馬体重は+12㎏だったがほぼ成長分に見えた。

スタートを決め先行し絶好位の4番手でレースを進める。

前半1000mは1:00:8のミドルペース。

カーディナル自身の手応えは良かったが前の行っているブレークアップの手応えは更によく4コーナーの時点で勝負は見えていた。

直線は離される一方で2着を確保するのが精一杯であった。

今回は道悪適性の差がもろに出た一戦であり致し方ない。

次戦での勝ち上がりに期待したい。

 

 

★陣営のコメント

21/4/18  林厩舎

18日の中山競馬ではまずまずのスタートから先行集団を進む。いい手ごたえで勝負どころから直線へ向かい追ってから脚を使うも、勝ち馬には追い付かず2着まで。「時計のかかる馬場はこの馬にとっていいと思っていたのですが、理想の結果を出すことができず申し訳ありませんでした。ジョッキーのエスコートによって上手く流れに乗せてもらえたと思うのですが、ジョッキー曰く“後肢の緩さゆえ、こういう馬場で脚を取られてしまうところがありました”とのことでしたね…。結果的には馬場が敗因となってしまったようです。残念ですが、“馬の状態と雰囲気は前回と変わらず良かったです”とジョッキーが言ってくれましたし、力が足りないということではもちろんないと思いますので、何とか次回以降で決められるように持っていきたいです。今後については背腰を中心にレース後の状態がどうかをよく見てから検討します」(林師)前走後はさらなる前進を狙うために期間を設けて調教を積んでいましたが、この中間に疝痛の症状を起こすアクシデントに遭い、予定をひと月ほど延ばすことになりました。その後は至って順調に乗り込むことができ、悪くない状態で今回のレースへ向かえたように思えました。実際に直線でも脚を使っていますが、先に抜け出した勝ち馬を捕えることはできませんでした。毎回力を見せているだけに勝ち切れないのは悩ましいですが、決めてくれると信じて今後も接していければと考えています。レース後のダメージ具合をよく見て今後について検討していきます。

 

★出走レース

3歳未勝利 2021年4月18日 中山4R 芝2200㍍

f:id:keirin100000:20210419200732p:plain

 

いかがだったでしょうか!

 以上が【2021年4月18日レース回顧】デスティノアーラ・エングレーバー・アシェットデセール・カーディナル【キャロット一口馬主】でした。

それでは次はレース展望でお会いしましょう。

     

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。