ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【2021年2月13日レース展望】ククナ・ヴァーダイト・アグリューム【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20201212042243p:plain

(レース展望担当:ラストバブル)

 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは【2021年2月13日レース展望】ククナ・ヴァーダイト・アグリュームキャロット【一口馬主】スタートです!

 

◆今週のレース展望◆

  

◉ククナ

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20201212042243p:plain

(ラストバブル)

 

★ラストバブルのレース展望

前走はシンザン記念で1番人気を裏切って4着。

特殊な馬場状態と大外が響いた。

先行有利の当時の馬場から位置を取りにいったが、コーナーまでの距離がなく、大外を通り脚だけ使って後方の位置どり。

あれなら最初からインに潜り込んで最初から最後方の方がよっぽどマシだった。

人気を背負っていたし、あくまで結果論に過ぎないので致し方なかったと納得もしている。

敗因はハッキリしており東京の今回は実力を出せると確信している。

2着以内で賞金加算は死守しなければならないのだが、相手も中々手強い馬が揃っている。

1勝馬の中にも大物候補が混じっており、一筋縄にはいかなさそうである。桜花賞に駒を進めたいところだ。

 

★陣営のコメント

21/2/10 栗田厩舎

10日は美浦坂路で追い切りました(53秒0-38秒5-25秒2-12秒3)。「先週入厩して翌日から確認しながら動かしていて概ね問題はなかったのですが、牧場からの引き継ぎで左トモ脚の球節部に治りかけの小さな傷があって少し浮腫んでいるので、気をつけて調整するようにしていました。時計を出していくことはできると判断しましたので、予定通り土曜日に時計を出していて、そこではコースに入れて長めからしっかりとした時計を出したところ、弾発のある動きでしたし、集中して走れていましたね。好印象を受けました。そして今朝は馬なりですけれども半マイル重点から終いをシャープに伸ばすようにしています。前にいる馬を追いかけさせたところ無理なく動けて最後は少し前に出るほど。操縦性のある走りを披露してくれましたし、調教をしっかりとこなしたうえでカイバを食べられているので好印象を抱いています。傷に関しては相変わらずで、正直乾ききっていない、不安定な状態です。傷をつくりやすく、またそこが炎症を起こして体調に影響を及ぼしやすい時期でもありますから、より用心しなければいけません。追い切りは無事に終えられましたので、これから競馬までしっかりとケアを施して状態を保って向かえるように持っていきます」(栗田師)13日の東京競馬(クイーンC・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

クイーンC(GⅢ) 2021年2月13日 東京11R 芝1600㍍

f:id:keirin100000:20210211155846p:plain

 

 

◉ヴァーダイト

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20201212042152p:plain
(天然総帥)

 

★ラストバブルのレース展望

前走の敗因が不良馬場であるならば、良馬場で見直せる。

期待が大きい血統なだけに2勝クラスで馬場を言い訳には出来ない気もするのだが、これが現状の実力なんだろう。

兄の姿をオーバーラップさせて砂の怪物を夢みたが、そうではない事は認めざるを得ない。

好走して今後に繋がるレースをして貰いたい。

 

★陣営のコメント

21/2/10 音無厩舎

10日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。ある程度しっかりやって6ハロン82秒台、ラスト1ハロン12秒2と時計的にも十分でしたし、動き自体も前走前に感じたような物足りなさはありませんでした。だいぶ体を起こして走れていましたし、あとはいい馬場でやれればと思います」(生野助手)13日の阪神競馬(4歳上2勝クラス・ダ2000m)に川田騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

4歳上2勝クラス 2021年2月13日 阪神R ダ2000㍍ 

f:id:keirin100000:20210211155822p:plain

 

 

◉アグリューム

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20201212042152p:plain
(天然総帥)

 

★ラストバブルのレース展望

新馬勝ちの内容からも1勝クラスで頭打ちとなる馬ではないと思うのだが、現級ではもどかしいレースが続く。

脚部不安で長期休養明けとなる今回だが、脚元の事情からダートでの復帰となる。

今までの芝でのレース振りからはダートが合いそうなイメージはなく、末脚をいかし芝でこそと思わせる。

そう言う意味からはダート変わりがプラスになるとは思わないが、久々にしては良く仕上がっており、地力で好勝負してくれないかとの期待を持っている。

 

★陣営のコメント

21/2/10 武井厩舎

10日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒9-52秒1-38秒4-13秒1)。「当該週の追い切りは単走、馬なりで行いました。追い切りを重ねてきているので大分前向きになってきていますが、今日もコントロールはできていました。楽に折り合えているわけではありませんけれども休養前と比較しても変わらないくらいに思えます。道中の走りは力強く、最後まで余力を持って走れていました。道中の息遣い、終えた後の息の入りも良く、休養明けですが走れる状態になっていると感じています。馬体重は468キロでした。パドックでいきなり今の状態をご覧いただくと冬毛が目立ちイケていないと思われるかもしれませんが、入厩時から比べるとこれでもだいぶ抜けてきています。その冬毛の下の馬体には張りが出てきていて、当時より状態は確実に上がってきていると思っているほどです。右前脚の深管の状態はいい意味で変わりなく、歩様も現状を維持できていますので、この後もしっかりとケアして無事に送り出せればと思っています。鞍上ですが、中間の様子からより折り合いが難しくなるかもと思い、乗ったことがある人のほうが好ましいかと考えていましたが、先週、今週の状況を見ていると拘れるに越したことはないけれども、例えば初めてでもちょっと色気を持ってより上位どころに打診してもいいのかなとも思ったもので、松山ジョッキーにお願いすることにしました」(武井師)13日の東京競馬(4歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1600m)に松山騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

4歳上1勝クラス 2021年2月13日 東京4R ダ1600㍍ 

f:id:keirin100000:20210211155759p:plain


いかがだったでしょうか!

以上が【2021年2月13日レース展望】ククナ・ヴァーダイト・アグリューム【キャロット一口馬主】でした。

それでは次はレース回顧でお会いしましょう。

     

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。