ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【ニンジン馬鹿クラブ週報(59)】先週はカーディナルがまたしても惜敗!【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20201121204442p:plain

(ラッキーライラック:エリザベス女王杯)
 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第59回目のスタートです。

 

◆ニンジン馬鹿クラブ週報◆

 

秋のGI「ジワるRACE」~エリザベス女王杯

秋のGI戦線を当クラブの「リーサルウェポン・BNK」が回顧します。

【第五弾】エリザベス女王杯

f:id:keirin100000:20201121204234p:plain

2020年秋のGⅠ第5戦は牝馬の戦いエリザベス女王杯、今年は阪神競馬場に戦いの場を移しての一戦となった。

前年覇者のラッキーライラックが1番人気、前走札幌記念快勝のノームコアが2番人気、ラヴズオンリーユーが3番人気でレースをむかえた。

確たる逃げ馬がおらず注目された先行争いだったがハナを切ったのはなんとノームコア、馬の行く気に任せて後続を引き離して一人旅でバックストレッチに入る。

離れた2番手にリアアメリア3番手にウインマリリンが続き縦長の展開でレースは進む。

前半1000mは59.3でノームコア以外は平均ペースでレースは流れていく。

4コーナーでノームコアと後続との差が一気に縮まるが外からラッキーライラックが勢いよく上がっていく。

直線に入るとノームコアは早くも馬群に吸収され代わりにラッキーライラックが先頭に立つ。

内からウインマリリン外からラヴズオンリーユーとサラキアがラッキーライラックに襲いかかるがなんとか凌ぎ切ったところがゴールでラッキーライラックが史上4頭目の連覇を達成した。

勝ったラッキーライラック、前走の札幌記念は取りこぼしたものの今回は間隔を取って仕上げ得意の阪神で3つ目にGⅠを手に入れた。

2着のサラキアは前2走で後方から脚を伸ばす競馬を完全に覚え今回も鋭い脚でラッキーライラックに迫った。

条件が合えば距離もこなせるようだ。

3着のラヴズオンリーユーはサラキアと一緒に追い込んできたが競り負け。

復調はしているがまだ全盛期の輝きは取り戻せてはいないようだ。

2番人気のノームコア、前走差してラッキーライラックを下したにも関わらず今回デビュー以来の逃げ戦法、横山典騎手の思考は理解不能だ。

 

youtu.be

 

 

ニン馬鹿版「先週のレース回顧」 

◉ジュビリーヘッド

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20200821202236j:plain
(ラストバブル)

 

★BNKのレース回顧

土曜阪神 12R 2勝クラスに出走。(1400m 芝)

先週の福島での1勝クラス勝利からまさかの連闘で昇級戦を1番人気で挑む事となった。

スタート良く好位の4番手を進む。

3コーナーで内側に斜行し5頭もの馬に迷惑をかけてしまう。

4コーナーから直線にかけて前を捉えにかかるがじりじりとしか伸びず逆に坂上で後続に飲み込まれたところでゴールとなった。

一団でのゴールだが着順は7着で掲示板を外してしまった。

勝ち馬とは0.2秒差評価は難しいが今は1200mがベストか?

 

 

★陣営のコメント

20/11/14 安田隆厩舎

14日の阪神競馬では五分のスタートから周囲の出方を見つつ好位を追走。そのまま直線を向き、半ばで抜け出しにかかったが、最後は脚色が鈍り7着。「いい結果とならず申し訳ありません。馬体は大きく減ることなくいい状態をキープしていたと思いますが、先週より少しピリピリしていた感じもしました。ジョッキーは『先週もそうでしたが、道中何度も手前を替えていました』とのことで、まだトモはパンとし切れていないのかなと感じます。7着とはいえ勝ち馬との差は0秒2とわずかですし、昇級戦としては悪くなかったので、この後も使いつつ馬体をしっかりさせていきたいですね」(安田隆師)連闘で臨んだ一戦、うまく好位で運べたものの、最後はやや一杯になってしまいました。とはいえ、着順ほど差はありませんし、悲観する内容ではなかったと思いますので、昇級戦を経験したことを次に活かしていきたいところです。この後は馬体を確認してから検討します。

 

★出走レース

3歳上2勝クラス 2020年11月14日 阪神12R 芝1400㍍ 

f:id:keirin100000:20201121202830p:plain

 

 

◉カーディナル

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20201106220520j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

土曜東京 3R 2歳未勝利戦に出走。(2000m 芝)

初戦の好内容とルメール騎乗という事もあり2番人気に支持された。

スタートは普通であったが行きっぷりがよく先頭を伺う勢いで外目の3番手を進む。

前半1000mは1:01:1のスローペース。

内が荒れており外目の追走は好都合にみえた。

直線で逃げ馬に並びかけて先頭に立ちかけた途端に外から勝ち馬にあっさりと交わされてしまった。

結局3着でゴールした。

切れ負けした感じで瞬発力勝負では少し分が悪いようだ。

中山コースか距離延長がより良いかもしれない。

 

 

★陣営のコメント

20/11/14 林厩舎

14日の東京競馬では五分のスタートを切り、流れを見ながら無理なく前目にポジションをあげて3番手から。勝負どころではいったん控えて直線へ向かい先頭へ並びかけていくが、後続2頭の追い上げを封じることはできず3着。「勝たせることができず誠に申し訳ございません。いい状態で送り出せましたし、実際の競馬っぷりを見てもいい走りをしてくれたと思います。ジョッキーからも“折り合いは問題なく、良い競馬っぷりを見せてくれた。エンジン、ギアの差が出たかもしれないけれど良い馬で、距離はもう少し延びても対応できそう”という非常に前向きなコメントをもらうことができました。ハービンジャー産駒らしいところがあって、瞬発力という点で差はあったかもしれませんが、上手な競馬ができて今後も期待を持てるような内容、コメントでしたし、我々もここで挫けることなく、さらにいい走りができるように接していきたいところです。背腰に疲れを溜めやすい馬ですから、この後に関しては状態次第とさせてください。そのまま行くことも考えますが、あくまでも状態が大事だと捉えておりますので、週中くらいに跨って感触を確かめてからどうするか検討したいと思っております」(林師)いい雰囲気を持ってレースへ向かうことができていたように思えましたし、スタートも問題なく切ることができていました。13頭立てとはいえ東京2000mの外枠スタートでしたから、序盤は無理をせず進めて、向こう正面あたりから流れを見てじわーっと3番手につけていきました。コントロールに難を見せることはありませんでしたし、勝負どころでいったん控えて直線へ向き先頭へ並びかけていくといった器用な走りも見せてくれましたが、直線では瞬発力勝負に屈してしまった印象です。格好の的になってしまったということも大きかったでしょうし、展開ひとつでまた違ったのではないかと思わせる内容でもありました。結果は残念でしたが、近いうちにチャンスが巡ってくるはずと思えましたし、前を向いて考えていきたいところです。この後についてはレース後の状態を踏まえてこのまま行くか、ケアの期間を設けてから次走へ向かうようにするか判断していきます。

 

★出走レース

2歳未勝利 2020年11月14日 東京3R 芝2000㍍

f:id:keirin100000:20201121202857p:plain

 

 

◉ノーブルワークス

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20200827133429j:plain
(天然総帥)

 

★BNKのレース回顧

日曜福島1勝クラス会津特別に出走。(1200m 芝)

半年ぶりの出走ながら抜け出た馬がおらず福島での好成績を評価されて2番人気での出走となった。

スタートは出たなりで後方からの競馬を進めた。

福島最終週他頭数の1200mと来れば外差しが決まってもよかったが今回はただ外を回された感じになってしまい距離損の方が大きく出てしまい14着でレースを終えた。

仕上がり途上で得意の福島に無理やり間に合わせて出走させた感は否めない。

叩いての良化を期待していたがクラブから屈腱炎の発症と引退という衝撃の発表があった。

無理使いの影響がないとは言い切れず後味の悪い結末となった。

 

★陣営のコメント

20/11/15 吉田厩舎

15日の福島競馬では道中は中団やや後方の位置取り。直線は大外に持ち出して脚を伸ばそうとするも、追ってから差が詰まらず14着。「ゲートは普通に出ているのですが、久々の影響なのかその後に行き脚がなかなかつきませんでしたし、大外を回ったこともあって最後は苦しくなりました。福島への輸送もありましたし、特に太い感じもなく送り出すことができましたが、いい競馬とならず申し訳ありません。ここを使って良くなってくると思うのですが、まずは脚元に反動などないかどうか、トレセンで状態をしっかりとチェックしていきます」(吉田師)馬体重が示すとおり太目感はなく、仕上がり自体は良かったと思うのですが、休み明けの影響なのか思うように伸び切れませんでした。ひと叩きしたことによる上積みに期待したいと思いますが、まずは傷めていた脚元を中心に馬体をよくチェックしていきます。

 

20/11/18 引退

「10月末に戻ってきた時はまだ体に余裕があったのですが、そこから調教でしっかりと絞ることができましたし、福島への輸送を経ていい体つきで出走させることができました。レースではスタートからなかなか行き脚がつかず、最後は外を回って苦しくなりましたが、ここを使ってさらに良くなってくれればと思っていたんです。ただ、トレセンで馬体をチェックしたところ、左前脚に腫れと熱感が見られ、時間が経っても状態に変化がなかったため今朝エコー検査を行ったところ、屈腱炎を発症していることが判明しました。大変残念ですが、クラブサイドと相談した結果、ここで引退ということになりました。動き切れなかったのは久々の影響が大きいと考えていたのですが、もしかすると脚元もいくらか気にしていたのかもしれません。2勝クラスを勝てる能力はある馬なのですが、このようなことになってしまい会員の皆様には大変申し訳なく思っております」(吉田師)3歳春のデビュー戦は9着に敗れましたが、その後は2戦連続して3着と力のあるところを見せ、4戦目で待望の初勝利を掴みました。そして1勝クラスも無事に勝ち上がり、本年5月の昇級初戦ではいきなり3着に入るなどこのクラスでも通用するところを示してくれていました。ただ、目の外傷や脚元の疲れで夏場を休養に充てることになり、復帰戦となった先週の会津特別は久々の影響も大きかったのか、直線は伸びが見られずに終わってしまいました。一度使った上積みを考慮し、次走で前進を図りたいと考えていたのですが、残念ながらレース後に屈腱炎が判明。治療には長い時間を要しますし、仮に復帰しても再発の可能性も高いことから吉田直弘調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

 

★出走レース

会津特別 2020年11月15日 福島12R 芝1200㍍

f:id:keirin100000:20201121202925p:plain

 

いかがだったでしょうか!

以上が【ニンジン馬鹿クラブ週報(59)】先週はカーディナルがまたしても惜敗!【キャロット一口馬主】でした。

それではまた来週お会いしましょう。

     

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。