ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【ニンジン馬鹿クラブ週報(51)】今週はグランデマーレとセブンサミットが出走!【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20200924211646p:plain

(グランデマーレ:葉牡丹賞)
 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第51回目のスタートです。

 

◆ニンジン馬鹿クラブ週報◆

 

 

ニン馬鹿版「先週のレース回顧」 

◉カスティーリャ

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200827133443j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

土曜中京 3R2歳未勝利戦に出走。(1600m 芝)

スタートは互角であったが内枠の馬が早く後方からの競馬となる。

想定外のレースとなってしまったが慌てず騒がず外を回りながら徐々にポジションを上げていく。

直線に入ったところで人気3頭の競馬になったが勝ち馬には突き放されて2着での入線となった。

レッドベルオーブの勝ち時計は1:33:1で従来のレコードを1.1秒更新、同日の野路菊ステークスより2秒以上早く、馬場やレースのペースを考えても非常に評価出来る。

カスティーリャ自身も33秒台で駆けており次走の勝ち上がりだけでなくその先の活躍も予感させる実りある一戦であった。

 

★陣営のコメント

20/9/19  橋口厩舎

19日の中京競馬ではスタートを五分に出て道中は後方でレースを進める。少しずつポジションを上げ、先団に取り付いて直線に向かうが、先に抜け出した勝ち馬に迫ることができず2着。「最後まで頑張ってくれているんですけどね…。相手が悪かったとしか言いようがありません。速い時計にも対応してくれましたし、後ろは離しているように内容的には強い競馬をしてくれていますから、今度こそという気持ちです。パドック、返し馬とテンションがかなり高かったので、まずはレース後の状態をしっかりと確認していきます。今日は申し訳ありませんでした」(橋口師)レコードタイムの勝ち馬には突き放されてしまいましたが、この馬自身も最後までしっかりと脚を使い、中身の濃いレースはできていました。勝利は目前まで来ていますし、次こそはきっちりと決めたいところです。この後はトレセンで馬体を確認してから検討していきます。

 

★出走レース

2歳未勝利 2020年9月19日 中京3R 芝1600㍍

f:id:keirin100000:20200924211205p:plain

 

 

ニン馬鹿版「今週のレース展望」 

◉グランデマーレ

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200827133443j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★ラストバブルのレース展望

10ヶ月ぶりの実戦。

葉牡丹賞をレコードで快勝し、メンバーにクラシックを意識させた。

特にスピードを武器に皐月賞向きと思われたが、骨折により出走も叶わなかった。

未だ二戦しか実績がないので確かな事は言えないが、父がロードカナロアであることからも2000までが適距離と思われる。

今回は1F長い気もするが、ギリギリ我慢の出来る範囲。

二冠馬コントレイルに食い下がり、今後に繋がるレースを期待している。

 

★陣営のコメント

20/9/24  藤岡厩舎

23日は軽めの調整を行いました。24日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。先週しっかりと負荷をかけていますが、当該週も加減することなくビシッと追い切りを行い、全体80秒1、ラスト1ハロンは11秒7という計測で、時計、動きともに文句なしといった内容です。まだ体つきには少し余裕はありますが、このひと追いでまたさらに締まってくるでしょう。長い休み明けの一戦となりますが、2週続けてしっかりとやって態勢は整ったと思うので、どんな競馬を見せてくれるか楽しみにしています」(藤岡師)27日の中京競馬(神戸新聞杯・芝2200m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

 

★出走レース

神戸新聞杯(GⅡ) 2020年9月27日 中京11R 芝2200㍍ 

f:id:keirin100000:20200924211546p:plain

 

 

◉セブンサミット

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20200821202236j:plain

(ラストバブル)

 

★ラストバブルのレース展望

初戦はある意味モーリス産駒らしく反応の鈍さが出て最後は脚を伸ばしたが4着。

石坂厩舎もいきなりからという仕上げをしてくる厩舎でもなく、結果はそう悲観するものではなかった。

叩いて続戦になるが、気合いも乗り、負ければ言い訳の出来ない状況。

ここをあっさり勝てない様ではクラシック路線は遠くなると言わざるを得ない。

望みを繋いで欲しい。

 

★陣営のコメント

20/9/23  石坂正厩舎

23日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒7-26秒0-13秒0)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。馬もだいぶ仕上がってきているので、フィジカル面で強い負荷は必要ありませんし、動きがどうこうというのではなく、こちらの気持ちを伝えるつもりでムチを入れました。チップの入れ替えのため走りづらいところがあったこともありスパッとは切れませんでしたが、最後はよく踏ん張っていたと思います。体調は良好ですし、このままレースまでしっかりコンディションを整えていきます」(桑村助手)26日の中京競馬(2歳未勝利・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

2歳未勝利 2020年9月26日 中京3R 芝2000㍍ 

f:id:keirin100000:20200924211504p:plain

 

いかがだったでしょうか!

以上が【ニンジン馬鹿クラブ週報(51)】今週はグランデマーレとセブンサミットが出走!【キャロット一口馬主】でした

それではまた来週お会いしましょう。

     

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。