ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【ニンジン馬鹿クラブ週報(49)】今週はGⅢ・紫苑Sにシーズンズギフトが出走【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20200911050007p:plain

(シーズンズギフト:若竹賞)
 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第49回目のスタートです。

 

◆ニンジン馬鹿クラブ週報◆

 

 

ニン馬鹿版「先週のレース回顧」 

◉ブレッシングレイン

◉天然総帥・ラストバブル・トウシロひかる厩舎

f:id:keirin100000:20200827133429j:plain

(天然総帥)

f:id:keirin100000:20200821202236j:plain
(ラストバブル)

f:id:keirin100000:20200904050347j:plain

(トウシロひかる)

 

★BNKのレース回顧

日曜新潟8R1勝クラスに出走。(2200m 芝)

馬体重は+20㎏だったが見た目の太目感はなかった。

ゲートは五分に出たが促す事は無く後方から競馬を進める。

逃げ馬が大逃げでレースを引っ張り向こう正面でペースアップを図る。後続の馬群は離されながらもペースアップし追走する。

結局3コーナーから4コーナーにかけてかなり早くなり直線は持久力が問われる流れとなった。

ブレッシングレインは只一頭内をつくがジリジリとしか伸びず外を回った2頭に交わされ3着でのゴールとなった。

休み明けで持久力勝負の戦いはこの馬にとっては分が悪い一戦であった。

叩いての変わり身は大きいと思われ次走に期待したい。

 

★陣営のコメント

20/9/6  木村厩舎

6日の新潟競馬ではじっくり構えて後方2番手からの競馬。向こう正面から徐々にスピードを上げて直線最内から脚を伸ばそうとするも3着まで。「何とか態勢を整えられたかなと見ていましたが、そう甘くはなかったですね…申し訳ありません。ジョッキーは“久々だし、まだちょっと動ききれない”と言っていました。馬体重はプラス20キロでしたが、数字のまま重いということではなく、中身の問題ということなのだと思います。成長分も含まれていましたから、単純にこれを20キロ絞れていれば良かったということではなく、もっと動ける状態にしないといけないと捉えています。後手を踏み、ずっとしんどいところを走ることになって余計につらかったとも思うのですが、これも心もとないからコースもロスのない形にせざるを得なかったのでしょう。長期休養明けで、且つ、入ってきた時もちょっともうひとつな様子を見せていたことからまだ万全とは言えなかったはずなので、基礎体力をつけながらいい方向へ変えていけるようにしていきたいです」(木村師)成長を図ろうと前走後に放牧に出しましたが、中間に左トモに疲れが出て、立て直しのために多くの時間を要しました。その結果、約10ヶ月ぶりの出走となったわけですが、暑さを気にしたか、溜まっていた疲れが表面に出てしまったか、入厩当初はあまり良い様子を見せていなかったものの、陣営の尽力によって段々と上向いてきて、悪くない状態でレースへ向かえました。可能ならば復帰戦を勝利で飾ってほしいと願っていただけに残念な結果となってしまいましたが、不安明けの一戦だったことを考えると致し方ない部分もあるのではないかと思います。この後についてはあくまでも状態次第になるものの、長休明けのケアのために少々時間をかけることも考えるかもしれません。いずれにせよ、経験を積みながらパフォーマンスを徐々に戻し、またいい結果を出してくれることを期待しています。

 

★出走レース

3歳上1勝クラス 2020年9月6日 新潟8R 芝2200㍍ 

f:id:keirin100000:20200911045309p:plain

 

 

◉ラルワースコーヴ

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20200827133429j:plain

(天然総帥)

 

★BNKのレース回顧

日曜新潟6R3歳未勝利戦に出走。(1,600m 芝)

最後の未勝利戦に勝ち上がりを賭けた。

スタートは五分に出たがダッシュが付かず出遅れた馬にも抜かれて最後方からの競馬となった。

レースはスローペースで流れてこれで後方からの競馬では苦しくばてた馬を何頭かだけで終戦を迎えた。

負けたら最後のレースでこの消極的騎乗はいただけない。

即日引退が発表された。

 

★陣営のコメント

20/9/6  引退

6日の新潟競馬ではスタートは出るものの行き脚がつかず後方からの競馬。腹をくくって直線勝負に挑んだが、ジリジリとした伸びに留まり12着。「ジョッキーは前回と変わりないと思ってくれましたが、この中間の様子から正直状態はさがっていたので、何とか堪えてほしいという気持ちでいました。体自体は減らすことなく送り出せましたし、外枠スタートだったので何とかうまく流れに乗ってくれればと思っていたのですが、スタート後にスッと加速できず後方からになってしまいましたね…。スタート自体は出ている方だと思うのですが、加速が思うようにいかなかったあたりを見るとやはりしんどさが出てきていて影響したのだろうなと思えます。強烈な差し脚を使うタイプではないだけにあの位置からになった時点で厳しいことは覚悟しましたが、やはりジリジリと伸びるだけに留まってしまいました。以前から体質面の弱さが目立ち、ゲート時もそうですけれど再入厩した時も抵抗力がないため、ちょっと疲れが溜まってくると傷をつくってそこから体調に影響を及ぼしやすく、なかなか上手く行きませんでした。前走時にようやく良くなってきたと思えるようになっていたのですが、この馬にとっては正直時間がなさ過ぎました。もっと時間をかけられれば違った可能性はあるのですが、そういっても未勝利期間内に何とかしなければいけなかっただけに、会員の皆様の期待に応えられなかったことをとても悔しく、そして、大変申し訳なく思っています」(田中博師)育成時代から体質面の弱さが垣間見られ、全体的な硬さが出やすく、また、トモの筋肉に痛みを抱えたこともあり、時間をかけて態勢を整えられ、トレセンへ移動できたのは2歳の秋でした。最初は比較的フレッシュな状態だったのですが、ゲートの取り組みだけでコンディションがさがってきて、脚元の腫れが出て体調を崩し、体力のなさが見られる状況にありましたので、デビューへ向けて時間をかけて調整にあたっていました。それでも、年明けのデビュー間際で再度体質面の弱さが出て仕切り直しを余儀なくされたこともあり、ようやく実戦へ向かえたのは3歳6月の下旬でした。初戦では最後まで伸びようとする格好を見せ、光を見いだせたものの、2戦目では見せ場なく敗退してしまいました。その後に仕切り直しを図ったところ、ようやく体のこなしが柔らかくなってきて成長が見られるようになってきて3戦目にして初めて芝のレースへ向かってみたところ、タイム差なしの2着と大きく前進を見せてくれました。最後のチャンスに賭けて未勝利最終週のレースへ向かったのですが、短期間では前走時の激走の疲れが癒えなかったか、好パフォーマンスを発揮することはできず、勝ちあがることはできませんでした。良くなってきたところではありますが、未勝利戦が終了したことに伴い田中博康調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

 

★出走レース

3歳未勝利 2020年9月6日 新潟6R 芝1600㍍

f:id:keirin100000:20200911045238p:plain


 

◉ケープオブストーム

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200821202124j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

土曜札幌4R3歳未勝利戦に出走。(1700m ダート)

三連闘で最後の戦いに挑んだ。

スタートで躓いたがすぐに挽回して好位の内目を確保するが勝った逃げ馬の手ごたえが良く勝負所で必死で鞍上が追うものの差は詰まらず逆に突き放される。

5着での入線となった。

即日現役引退が発表された。

ここ3走は見どころのあるレース内容だっただけに残念である。

 

★陣営のコメント

20/9/5  引退

5日の札幌競馬では躓き気味のスタートもすぐにリカバーして好位の内を追走。3コーナーから進出し直線勝負に持ち込むが、前との差を詰め切れず5着。「内枠を利して好位の内々を進み、理想的な運び方だったと思いますが、ここ3戦長い距離を使ってきているだけに持ったままというわけにはいかず、どうしても促しながらになってしまいました。それでも5着に粘っているあたり、デビュー当時と比べるとここにきての成長は明らかで、骨折休養がなければ…と思ってしまいます。馬は本当によく頑張ってくれたのですが、ここまで結果を出すことができず、会員の皆様には申し訳なく思っています」(岡田師)1走でも多いチャンスを求め3連闘ということになりましたが、ここ3戦長距離を使ってきていきなりの距離短縮など厳しい条件ながらしぶとさを見せて5着と、力をつけてきていることが分かるレースぶりでした。骨折休養期間があったことも考えるとなおさらに残念ではありますが、今週で未勝利戦が終了することを踏まえ、岡田稲男調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様には誠に残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

 

★出走レース

3歳未勝利 2020年9月5日 札幌4R ダ1700㍍

f:id:keirin100000:20200911045218p:plain


 

ニン馬鹿版「今週のレース展望」 

◉シーズンズギフト

◉ラストバブル・おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200821202236j:plain
(ラストバブル)

f:id:keirin100000:20200827133443j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★ラストバブルのレース展望

4月のNZトロフィー2着以来のレース。

前走後、軽度の骨折が判明し休養を余儀なくされた。

元よりマイルカップは間隔が詰まり過ぎ、オークスは折り合いの課題から不向きとは感じていた。

今回は2000mの紫苑Sだが、力んでの追走がどれだけ改善されているかに注目している。

もっとスムーズに力を抜いて追走が出来る様になれば、本番でも十分に主役を張れる存在になれる。

公式コメントでは気性の成長を感じさせるコメントもあり、本番に繋がるレースを期待している。

 

★陣営のコメント

20/9/9  黒岩厩舎

9日は美浦南Wコースで追い切りました(65秒4-50秒8-38秒2-12秒2)。「今週の競馬に備えて今朝追い切りをかけています。今日も3頭隊列でシーズンズギフトは一番後ろから追走するようにしました。思惑よりも前の馬との距離が少し近くなって折り合いを心配したのですが、多少の力みはあるけれどそれでも隊列からはみ出ることなく我慢ができていて、追い出しを待てていました。気持ちの昂ぶり、操縦性がこの馬の課題ですが、調教の段階ではそれほどでもなく、春よりも成長を感じさせます。それはやはり根本的に体が良くなっているからだと思うんです。前回減らしていたということもありますが、今週の計測では490キロの体をしていて、競馬のときは前走から少なくともプラス10キロくらいで出せそうです。数字に反映されているくらい体はしっかりとしていて、かつ、太目感はありません。トモをはじめ力がついてきているから上体が起きて体全身を使って走れるようになっているのではないかと考えられます。春はそのあたりの成長がまだ追いついていなくてハミに乗りかかるフォームで前輪駆動の走りをしていましたから、当時のイメージから2000mの距離に不安を感じる人も多いと思います。正直、我々も実際のところ蓋をあけてみないとわかりません。今回のレースが今後の方針を決めることになると言っても過言ではないので、ぜひともいい走りを見せてもらいたいです」(黒岩師)12日の中山競馬(紫苑S・牝馬限定・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

紫苑S(GⅢ) 2020年9月12日 中山11R 芝2000㍍ 

f:id:keirin100000:20200911045759p:plain

 

 

◉ベレヌス

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20200821202236j:plain
(ラストバブル)

 

★ラストバブルのレース展望

前走は3歳ディープ産駒2頭に及ばなかったが、3着と一応の格好はつけた。

2勝クラスなら力上位とも思え、開幕週のここは前目につけるベレヌスには絶好の舞台。

ハンデを見ないと相手関係までは言えないが、3歳の同馬にそんなに酷量が課せられることもないだろう。

勝ち負けを期待したい。

 

★陣営のコメント

20/9/10  杉山厩舎

9日は栗東坂路で追い切りました(53秒3-38秒7-24秒9-12秒3)。10日は軽めの調整を行いました。「水曜日は西村淳騎手に乗ってもらって坂路で追い切りました。時計的にも上々ですが、これでも余力十分で、ジョッキーも『前走の前よりも素軽さがあっていい感じです』と好感触を伝えてくれました。いい状態に仕上がってくれたと思いますし、前走以上の結果を期待したいですね」(杉山師)12日の中京競馬(木曽川特別・芝2000m)に西村淳騎手で出走いたします。

 

★出走レース

木曽川特別 2020年9月12日 中京8R 芝2000㍍ 

f:id:keirin100000:20200911045741p:plain

 

いかがだったでしょうか!

以上が【ニンジン馬鹿クラブ週報(49)】今週はGⅢ・紫苑Sにシーズンズギフトが出走【キャロット一口馬主】でした

それではまた来週お会いしましょう。

     

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。