ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【ニンジン馬鹿クラブ週報(44)】先週はザダルが直線切れに切れて快勝!【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20200806153625p:plain

(ザダル:関越S)
 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第44回目のスタートです。

 

◆ニンジン馬鹿クラブ週報◆

 

ニン馬鹿版「先週のレース回顧」 

◉ククナ

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20200606005919j:plain

(ラストバブル)

 

★BNKのレース回顧

土曜札幌5R新馬戦に出走。(1500m芝)

ダッシュがつかず最後方からのレースとなる。

道中も押っ付け気味の追走となる。

4コーナー手前から外を回って追い上げて直線へ。

最後はいい脚を使ったものの内を回った2頭を交わせず3着に終わった。

上がりはメンバー最速の34.8の脚を使っており今回は枠順に泣かされた。

次走は確勝級であろう。

 

 

★陣営のコメント

20/8/1  札幌競馬場

1日の札幌競馬ではややゆっくりとしたスタートで後方から進む。勝負どころから徐々に進出していき直線外から追い上げようとするが3着まで。「追い切り後のことがあったのでご心配をおかけしましたが、馬は無事で問題なくレースへ臨めたように思います。ただ、随所に幼さはあり、実戦へ行くとゲートに驚いてスッと出ていきませんでしたね。フルゲートを満たしていないとは言え、若い2歳馬同士のレースで外枠スタート、そして出脚がつかずあの位置からになったのはちょっとかわいそうでした。終いにかけて脚を使えていましたが、押し上げるときから体力を使わざるを得なくなりましたし、一方で上位どころは少ないロスで上手く立ち回っていましたから、その差が出てしまった印象です。ルメールは“まだ子供っぽいけれどいい経験になったと思う”と言っていましたし、見どころが何もないわけではなかったので一定の評価をしてあげられればと思っています。本当はここでスンナリ勝って秋に備えたいという思いでいただけに思惑と違ってしまい悩むところですが、レース後の状態をよく見たうえでどうしていくか判断していきます」(栗田師)直前にアクシデントに見舞われましたが無事にゲートインすることができました。これまでの調教の感触からデビュー勝ちを意識するほどだったのですが残念ながらスタートから思うほどの進みではなく、終始促されながらのレースとなりました。幼さが見られるような走りっぷりでしたし、能力負けとは思いませんでしたから、経験を積んでいき走りを覚えていってくれれば変わっていいはずです。悔しい初陣となりましたが、巻き返しに期待しています。この後はレース後の反動の有無をまずしっかりと確認してから判断していきます。

 

★出走レース

2歳新馬 2020年8月1日 札幌5R 芝1500㍍

f:id:keirin100000:20200806153505p:plain

 

 

◉コントラチェック

◉ラストバブル厩舎

f:id:keirin100000:20200606005919j:plain

(ラストバブル)

 

★BNKのレース回顧

日曜札幌11R GⅢクイーンステークスに出走。(1800m芝)

スタートは横一線であったがハナを取りにいく感じではなく1コーナーから押して行って3番手の外目につけ、早目のペースを追走する。

4コーナーで先頭のナルハヤに並びかけるが交わすどころか後続に飲み込まれてそこでレースは終わってしまった。

現状ハナを切らなければ好走は難しいのではないか。

 

 

★陣営のコメント

20/8/2  札幌競馬場

2日の札幌競馬では行き脚がつかず序盤は中団。2コーナーから向こう正面へかけて3番手に押し上げて直線先頭に立つ競馬をするも、踏ん張ることができず10着。「何とか形をつくれたかな…と見た部分もあったのですが、結果からするとあの位置で進められたと言ってもペースが速すぎて堪えた感じですかね…。ルメールも首を傾げながら上がってきました。馬の後ろにつけるチャンスはあったかなと思いますが、この馬、この血統をよく知るルメールはリズムを優先したほうがいいという判断をしてあの形を採ったのでしょうし、馬の後ろにつける云々はあくまでも結果論になってしまいますからね…。ルメールは下手にコントロールしようとしないで、距離を少し詰めて変に力ませずに走らせたほうがいいのかな…といったことを口にしていましたが、前走のヴィクトリアマイルではちょっと急かされる感じがあって良くなかったかもとユタカさんが言っていましたし、判断が難しいところですね。なかなか思うような結果を出すことができず本当に申し訳ありません。レース後の上がりの様子に変わりはないのですが、数日かけてしっかりとチェックしておきます」(大江原助手)中間の雰囲気、そして身のこなしが柔らかく、ストライドの伸びも見られるようになり、心身ともにいい状態で臨めたように思いました。今回見せている落ち着きから型にハマらなくても柔軟に対応してくれるのではないかという期待感もあったのですが、ハイペースの中3番手に押し上げたこともあってかいったん先頭に立つ姿こそ見えてくれたものの、踏ん張ることはできず残念ながら復活とはいきませんでした。直前の気配も良く見せていただけにレースになかなか直結せず本当に悩ましい限りです。今後については状態如何となり未定ですが、何とか復活したと言える走りを見せてもらいたいと切に願っています。

 

★出走レース

クイーンS(GⅢ) 2020年8月2日 札幌11R 芝1800㍍

f:id:keirin100000:20200806153438p:plain

 

 

◉ザダル

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200619021522j:plain

(おしゃべりコスパ)

 

★BNKのレース回顧

日曜新潟11Rオープン関越ステークス出走。(1800m芝)

スタートを決めて前目のポジションを取る。

戦前の予想に反してプロディガルサンが飛ばした事によってレースは流れてザダルには絶好の展開となる。

直線に入って切れに切れ32.8の上がりを叩き出して後続に3馬身差をつけて久々の勝利となった。

賞金を上乗せした事で選択肢を増え今後がますます楽しみとなった。

 

★陣営のコメント

20/8/2  大竹厩舎

2日の新潟競馬では縦長の展開のなか、中団より進める。直線へ向いても焦らず徐々に動き出し、満を持して追い出すと長くいい脚を使って堂々先頭に躍り出て優勝。「一番心配していた輸送は今回落ち着いてこなしてくれました。競馬場に着いてからも変に力まず、むしろボーッとしていたくらいでゆったりと過ごせていました。プラス4キロでの出走は考えていた中でのベストの馬体重だったので、レースへ向かう過程が上手く行ったことが何より良かったです。レースは見ての通りで、ちょっと走りすぎたくらいのパフォーマンスを見せていましたから、心配になってレースを終えてからも出張馬房のある厩舎へ行って脚元の様子を見てきました。とりあえず変わりはなさそうでしたのでひとまずホッとしていますが、時間が経って変わりがないかよく観察していきます。ジョッキーからはいくつか指摘があり、その中でも特に精神面を課題として挙げていましたね。返し馬で急に発進する格好を見せたり、ゲートの中でソワソワする素振りを見せていたので、そのあたりの成長は欲しいということでした。手前を替えづらいことについては、急かすのはこの馬に合っていないけれど抱えるシーンをつくることができれば替えられるということでした。それでもヨッコイショという感じの手前の替え方だったらしいので、今後もポイントになってくるでしょう。ひとまず賞金を加算できたことが何よりだったと思うので、良かったです。会員の皆様、おめでとうございました」(大竹師)なかなか思うようにターゲットを設定できないところがありもどかしい今年上半期でしたが、スカッとする勝利を収めてくれました。ハイペースで前が引っ張ってくれた分より良さを活かせたのだと思いますが、今後違った形になったとしても対応してくれるはずと願っています。ひとまず一番のネックだった賞金を加算でき、これまでよりも今後について展開しやすくなったはずなので、一歩ずつ前進してまた晴れ舞台に立てる日が来てくれることを期待しています。真夏日と言ってもいい暑さの中でしっかりと走ったあとなので、まずはゆっくりとさせたうえで今後について検討していきます。

 

★出走レース

関越S 2020年8月2日 新潟11R 芝1800㍍

f:id:keirin100000:20200806153413p:plain

 

  

ニン馬鹿版「今週のレース展望」 

◉ケープオブストーム

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200619021522j:plain

(おしゃべりコスパ)

 

★ラストバブルのレース展望

急遽の出走。

2600mの芝に使ってきました。

近走を見ても買材料は余りありません。

今までの出走レースとは全く条件が違うと言う事だけが楽しみな材料ですが。

一変までは期待できないでしょうね。

 

★陣営のコメント

20/8/6  札幌競馬場

5日は札幌ダートコースで追い切りました。6日は軽めの調整を行いました。「先週金曜日に札幌競馬場へ無事入場しています。その後は体調も安定していたのですぐに乗り出し、水曜日は札幌ダートコースで追い切りました。菱田に手伝ってもらったのですが、“まだ体を使い切れていない感じがした”とのことでした。普段坂路追い中心の上、初めてのコースですからそのあたりは仕方ないでしょう。使えるチャンスがあるところで、と考えていましたが、希望のダート1700mは厳しい状況。そこで、洋芝ということも考えて芝の番組に向かうことにしました。2600mという距離は未知ですが、自分のリズムで運べるでしょうし、もともとは芝でこそと思っていた馬ですから、なんとかいい結果を期待しています。鞍上は減量の秋山稔樹騎手に依頼しました」(岡田師)9日の札幌競馬(3歳未勝利・芝2600m)に秋山稔騎手で出走いたします。

 

★出走レース

3歳未勝利 2020年8月9日 札幌6R 芝2600㍍

f:id:keirin100000:20200806174545p:plain

 

いかがだったでしょうか?

以上が【ニンジン馬鹿クラブ週報(44)】先週はザダルが快勝!【キャロット一口馬主】でした。

それではまた来週お会いしましょう。

 

◉キャロット2020募集予定馬評価

【No.1〜No.15】

www.automatickeiba.com

   

 

 

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。