ニンジン馬鹿クラブレポート(キャロット一口馬主ブログ)

キャロットクラブ一口馬主コミュニティのレポートです!

【ニンジン馬鹿クラブ週報(34)】今週はジルジェンティとノーブルワークス!【キャロット一口馬主】

f:id:keirin100000:20200529210543p:plain

(ノーブルワークス:喜多方特別)

 

当ブログの基幹シリーズ「ニンジン馬鹿クラブ週報」

当ニンジン馬鹿クラブ所属馬の前週の結果と次週の展望をレポートします。

P:次週の出走予定馬とその展望

D:実際のレース観戦(馬券購入)

C:前週の結果

A:次走へ向けての反省点等

こんな感じで「PDCA」サイクルを回していきます。

ちなみに当クラブの全所属馬はこちら!

www.automatickeiba.com

オープン馬や期待の新馬も揃っていて自慢のラインナップです。

それでは「ニンジン馬鹿クラブ週報」第34回目のスタートです。

 

◆ニンジン馬鹿クラブ週報◆

 

 

ニン馬鹿版「先週のレース回顧」 

◉タイズオブハート

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200221005902j:plain

(おしゃべりコスパ)

 

★ラストバブルのレース回顧

ダートから舞台を変えて臨んだ今回だったが、結果は満足出来る物ではなかった。

道中はスムーズに進めていたが、勝負所からがワンペース。

このレース振りでは上位入線は今後も厳しそうだ。

長距離戦でとにかく逃げて粘る以外には、ワンペースの同馬に活路はない。

  

★陣営のコメント

20/5/24  森田厩舎

24日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団後方を進む。3コーナーあたりではやや苦しくなりかけたが、直線は再度ジリジリ伸びて8着。「いい結果にならず申し訳ありませんでした。今日は新潟競馬場に臨場しており、ジョッキーの話は聞けていないのですが、初めての芝ということを考えると、内容自体はそれほど悪くないように思えます。少しスムーズさを欠いたようなところもありましたし、慣れてくれば前進の余地はあるかもしれません。いずれにせよ条件についてはトレセンに戻ってスタッフとも話をして再考したいと思います」(森田師)結果は残念でしたが、初めての芝ということを考えると、直線しっかり脚を使えていたのは良かったですし、徐々に背腰もしっかりしてきているという成長を感じます。とはいえ条件についてはこの一戦だけで判断できない部分はあり、トレセンで馬体をチェックしつつ検討していければと考えています。

 

★出走レース

3歳未勝利 2020年5月24日 京都3R 芝1800㍍

f:id:keirin100000:20200529210912p:plain

 

 

◉アグリューム

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20200221005738j:plain

(天然総帥)

 

★ラストバブルのレース回顧

スタートで行き脚がつかず、後方からのレース。

レースはスローのヨーイドンの展開。

自身33.2の脚を使ってはいるが、この展開では届かないのも致し方ない。

スタートを五分にきり一段前でレースを進められる様になれば直ぐに勝てるだろう。

位置を取りに行ける気性の成長、レース経験を積めば上でも通用するポテンシャルはある気はします。

 

★陣営のコメント

20/5/24  武井厩舎

24日の新潟競馬ではやや遅いスタートになり最後方からの競馬。直線勝負にかけたが、前を捕らえるほどの伸びは見られず9着。「変わらずいい状態でレースへ送り出せたと思っていたのですが、いい結果を出すことができず申し訳ありませんでした。スタートはそこまで出られず後ろからになりましたが、前回と違ってグッと来るところはあったようなんです。そのあたりのところも含めて話をよく聞いてみると“スタートはあまり出ない馬のように思います。今日は前が開いていたし、スローなのはわかったのでそのスペースを活かして3~4列目まで上げていこうかと思ったのですが、促していくとコントロールが利かなくなって大変なことになりそうな気配を感じたため、あそこからポジションを取りに行けませんでした。そのため後ろからになり、脚を余す形になってしまいました”ということでしたね。前回はやはり戸惑いがあってグッとは来なかったですが、実戦へ行くと折り合い面の課題は根っこの部分に変わらず存在するということは明らかになりましたね…。ジョッキー曰く、あえて距離を延ばして前半何もしない時間をつくって後半に勝負するというのも一つの手かもしれないと言っていましたが、操縦性の課題があるだけにそれが吉と出るか凶と出るのか微妙なところがあります。前回のマイル戦よりも今回のほうが着順を落としてしまっている現状にも目を向けなければいけませんから、現時点では次走をどうするということは決めず、今後の状況を見ながら判断させてください。中1週で使ったあとなのでおそらく放牧に出すことになると思いますが、その前にレース後の反動の有無をよく確認していきます」(武井師)前走は前と離されたことが影響してか進みが悪くなってしまったのですが、今回は馬群についていき、進みが悪くなるようなことはなかったように思います。しかし、後手に回ったことでいい形で流れに乗ることができず、後ろからではまとめて交わすことはできませんでした。ゴール板を過ぎてからも勢いが残っていたようで鞍上が言うように脚を余してしまっているのでしょうが、その力を思うように発揮しづらいだけに悩ましいです。体質の弱さを抱えている馬が中1週で連戦した後なのでおそらく放牧に出してケアすることになると思いますが、ポテンシャル的には通用して不思議ないですから、何とか巻き返してほしいと願っています。

 

★出走レース

二王子特別 2020年5月24日 新潟10R 芝1800㍍

f:id:keirin100000:20200529210848p:plain

 

 

◉ザダル

◉おしゃべりコスパ厩舎

f:id:keirin100000:20200221005902j:plain
(おしゃべりコスパ)

 

★ラストバブルのレース回顧

今後の出走を考えると是非とも賞金を加算したかったが、3着で目的は達成されなかった。

レースは最速の上がりで追い込んでおり、直線を向いて前が塞がる不利があってのもの。

内容は全く悲観するものではなく、オープンでも十分に戦える事を証明した。

足踏みをする結果にはなったが、早かれ遅かれ重賞の舞台に駒を進めるだろう。

 

★陣営のコメント

20/5/23  大竹厩舎

23日の東京競馬では中団後方から進めて直線外から差を詰めてくるが、内目に進路を取った上位2頭に及ばず3着。「今回はいろいろな意味で仕切り直す一戦でした。コンディションもそうですが、距離に関してもですね。金杯は外枠が影響して良さを発揮できずということで2000mに対してダメと判断したわけではありませんでしたが、マイルから1800mくらいを試してみようとして、今回は1800mを選びました。最後は良く追い込んできていますけどね…。今日跨ってくれたルメール曰く“1800~2000mがベターではないか”ということでしたね。それに、今日はハンデ戦であり、なぜかザダルは56キロの斤量でした。勝ち馬は55キロでしたから、ちょっと見込まれた分もあったかなと悔しい思いもしています。ダービー卿のときに賞金が足りず出られなかった馬でもあり、賞金加算を是が非でもしておきたかっただけに悩ましいのですが、力は足りるはずでどこかで何とか加算して不自由なく使っていけるようにしたいですね。レース後の様子を見ていると結構しんどそうにしていました。気温が高く蒸した気候になっていて、それを気にして辛そうにしていたのでレース後すぐに水をかけて冷やしています。ちょっと落ち着かせてから美浦に戻して、レース後の様子をよく見ておきます」(大竹師)ダービー卿CTは賞金が足りずに出走できませんでしたが、そこへ向かう過程の中で抱えていた脚元の不安が徐々に解消してきていい流れのなかだっただけに非常に残念でした。その後も球節をはじめ脚元の管理に気を遣う必要はあったものの、何とか悪くない形で出走の態勢を整えられたので、今回は結果を出して賞金を加算してもらえたらと思っていたのですが、残念ながらそれは叶いませんでした。前がいいペースで行っていたとは言え、今の馬場では外から一気に差し切るのは至難の業であり、進路、ポジションの差もあったでしょうか。結果が伴わず残念ですが、そういった馬場傾向を考えると良く追い込んでいるとも言え、このクラスでも上位の力はあるはずなので、何とか再びいい結果を出して、オープン、そして重賞戦線で戦っていければと願っています。今後については、脚元の状態を見たうえでどうしていくか検討していきます。

 

★出走レース

メイS 2020年5月23日 東京11R 芝1800㍍

f:id:keirin100000:20200529210821p:plain

 

 

ニン馬鹿版「今週のレース展望」 

◉ジルジェンティ

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20200221005738j:plain

(天然総帥)

 

★ラストバブルのレース展望

カナロア産駒ではあるが、今までのところは、鋭い決手は見られない。

毎回ジリジリとした伸びで、息遣いからも体力不足を感じさせる。

今までのレース結果から考えると、一番勝ち上がりの可能性があるのは時計のかかる芝であろうか。

今週は良馬場が予想され時計も速くなりそうで、結果が一変までは厳しそう。

展開や思い切った騎乗の後押しは欲しいところだ。

 

★陣営のコメント

20/5/27  橋田厩舎

27日は栗東坂路で追い切りました(54秒8-39秒5-26秒0-13秒3)。「今朝も坂路で単走の追い切りを行っています。先週51秒台を出すなどしっかりと負荷をかけていますし、馬なりでサッと調整程度の内容ですが、馬は順当に良化してきていますね。前走時よりも少し体重は減ると思いますが、細いというわけでもありませんし、力を出せる仕上がりで臨めそうです。減量の恩恵もある岩田望騎手を確保し、1400m戦へと向かわせていただきます」(橋田師)30日の京都競馬(3歳未勝利・芝1400m)に岩田望騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

3歳未勝利 2020年5月30日 京都3R 芝1400㍍

f:id:keirin100000:20200529211517p:plain


 

◉ノーブルワークス

◉天然総帥厩舎

f:id:keirin100000:20200221005738j:plain

(天然総帥)

 

★ラストバブルのレース展望

来週の出走予定を前倒しで、急遽の参戦。

来週には走り慣れた1200戦があるのだが、今週の1400戦にエントリー。

前走は課題のスタートを克服し、馬体も充実を感じさせるものであった。

昇級の一戦ではあるが、馬自身の充実で克服できる可能性を感じさせた。

問題は臨戦課程。

短期放牧を挟んでの一戦で、仕上げに時間がかからないのは理解できる。

しかし出走を急ぐ必要もノーブルワークスにはない。

3歳未勝利馬、2歳新馬の馬房の調整の為に早く使いたい師の思惑が見え隠れする。

期待と不安が入り乱れる一戦だ。

 

★陣営のコメント

20/5/27  吉田厩舎

27日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。テンから少し引っ掛かるような感じで、全体が80秒を切るくらいの計測と速いタイムが出たのですが、それでもバタッと止まることなく終いまで踏ん張ってくれていましたね。先週追い切ってからは思ったよりも早く仕上がってきていますし、それならば来週まで待つこともないと思い、予定を変更して今週の芝1400m戦に吉田隼人騎手で向かうことにしました。この距離で結果が出れば今後の選択肢も広がりますから、ぜひともいい競馬を見せてほしいと思います」(吉田師)31日の京都競馬(4歳上2勝クラス・芝1400m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。

 

★出走レース

4歳上2勝クラス 2020年5月31日 京都8R 芝1400㍍

f:id:keirin100000:20200529211540p:plain

 


いかがだったでしょうか?

以上が【ニンジン馬鹿クラブ週報(34)】今週はジルジェンティとノーブルワークス!【キャロット一口馬主】でした!

当クラブの所属馬の好走を期待しています。

それではまた来週お会いしましょう。

 

 

 

ブレッシングレイン 出走への道(今週が最終回)

https://carrotclub.net/upfile/1801/f_2018_01photo.jpg

◉ブレッシングレイン

2017年2月6日生

牡2歳 鹿毛

父 ディープインパクト

母 レインデート

BMS Unbridled’s Song

生産 チャンピオンズファーム

関東 木村哲也厩舎

 

天然総帥、ラストバブル、トウシロひかる(私)の持ち馬です。

なかなかの良血馬で価格もそこそこ高いので正直期待しています。

 

ブレッシングレインのプチ情報局

「恵みの雨」

 

★キャロットクラブのHPより

20/5/26  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週に引き続き、今週も日を選んで15-15を取り入れるようにしています。長めに動かしながらベースアップを狙っていて、ここまでのところまずまずの状況で来ていますが、これからも辛抱強く取り組み、さらに良くしていければと思っています」(天栄担当者)

  

f:id:keirin100000:20190807064256j:plain

 

 

偉大な父を継げ!サクセッション!!(今週が最終回)

サクセッションの顔写真

◉サクセッション

2017年3月14日生

牡2歳 芦毛

父 キングカメハメハ

母 アディクティド

BMS ディクタット

生産 ノーザンファーム

関東 国枝厩舎

 

当クラブの持ってるコンシェルジュ・ラストバブルの持ち馬です。

偉大な父、キングカメハメハの後継者になるべくさらなる高みを目指します。

 

◉サクセッションのプチ情報局

「継承者」

 

★キャロットクラブのHPより

20/5/27  NF空港

この中間はウォーキングマシンでの調整を行っています。「手術は行わずに保存療法で回復を促していくことになりましたので、復帰へ向けて焦らず取り組んでいければと考えています。しばらくは回復を主眼に置いたメニューで進めていきます」(空港担当者)

 

 

  

◆一口馬主情報満載◆

↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

※当ブログはキャロットクラブ様より許可を得て画像や文章等を転載させていただいております。